エロイプで見せ合い!どこまでの露出がギリギリライン?

エロイプではお互いの局部を露出してオナニーを行うプレイです。
見せ合うのはもちろんのこと、エッチな会話をすることだって普通です。しかし、規制が厳しくなっている以上、こう言った行為が本当に許されるのか、と心配になる人も多いでしょう。そんな人にこそ読んでほしい記事です。

ビデオ通話での限界

スカイプではカメラを使用して自分の姿を映します。
そのカメラをどこに向けるかで、画面に映るものが変わるのは当然理解できますよね。

顔を重点的に移せば顔ばかり移ります。しかり、エロイプになると、局部が見たくなります。
相手に求めたり、自分も相手に見せることがあるでしょう。その時には、必ず相手の了解を取りましょう。

局部を見せることはもちろん、相手が未成年ではないか、了承を取ったという記録が残っているか、しっかり確認してください。
後に「強制的に露出された」と冤罪になってしまわないように、同意の確認はしっかりと行ってくださいね。

通報されることはあるの?

局部の見せ合いをしたことで通報されることがあるのでしょうか?答えはYESです。
もちろん、見せた瞬間に通報・違反報告をされるという事は無いかもしれません。

しかし、相手の同意を得ていない場合には即座に通報されることもあるでしょう。
たとえば、エロイプ目的ではない女の子とコンタクトを取って、最初の挨拶も無視していきなり局部の画像を送り付けたりしたら犯罪となります。節度とマナーを持ってスカイプを活用してください。

不特定多数が目にしてしまう場所で卑猥な画像を公開するのは、公然わいせつ罪などの罪に問われてしまいます。
しかし、エロイプは一対一の通話ですので、お互いの了承があれば、その心配はありません。
しかし、行き過ぎた行為や相手が嫌がっている場合に無理矢理行為を行うのは罪になる場合がありますので、注意しましょう。

では実際にエロイプの相手を探してみる?

関連記事一覧: