ライブチャット登録は基本無料!さらに初回お試しポイントが貰えることも!

ライブチャットは基本的に有料ですが、会員登録自体にお金は掛かりません。各機能を使う上で消費されるポイントを、必要な分だけ購入するというシステムになっています。そして、このポイントは会員登録時にお試しとしてプレゼントしてもらえます。

ライブチャット登録で貰えるポイントで何ができるの?

無料で貰えるポイントは、ほとんどのサービスにおいてお金で買えるものと同じように使えます。主な使い道は以下の通りです。不足分は買えば良いため、几帳面になるよりもまずは一通り機能を試してみることがおすすめです。

チャット参加

せっかくのライブチャットですから、少なくともここに使わなければもったいないでしょう。サイトによっては多対1のマルチや1対1の2ショットなどいくつか種類があるため、一通り試しておきましょう。

ウォッチ

チャットに参加するのが緊張するなら、女性がやり取りしている様子を覗き見るのも良いでしょう。

メッセージやプレゼント

少々もったいない使い方ですが、ポイントを使って女性にメールやプレゼントを送る方法もあります。これで好感度をアップさせて、もっと過激なことをしてもらうことが期待できます。

ただし、この手法はライブチャットの参加が前提となるもの。無料ポイントではなく、自分で買ってから行ったほうが良いかもしれません。

さらに楽しみたいならポイントを購入してみよう!

無料で貰えるポイントはあまり多くはありません。金額にしてみるとだいたい500円~1,000円分ぐらい、エッチを数分楽しめる程度でしょう。もちろん、ライブチャットを楽しみ尽くすには不足しています。

「このサイトは良さそうだ」「お気に入りの女の子を見付けた」という時は実際にお金を払う必要が出てきます。購入方法はサービスによってさまざまですが、大人気サービスの「ジュエル」では以下のようなものがあります。

クレジットカード決済

クレジットカードはもっともオーソドックスな方法です。ユーザーと運営の間に決済代行会社が立つため、個人情報が漏れることがなく、サービスの名前が明細に載る心配もありません。

電子マネー決済

BitCashやEdyなどを使う方法です。これらはコンビニでも買えて、重要な個人情報を使う必要がない点でアドバンテージがあります。

エムッチャ決済

エムッチャとはスマホやタブレット専用の方法。DoCoMoやau、Softbankなどのキャリアを通じて代金が請求されます。1度登録するとライブチャットだけでなくネット上のさまざまなサービスで使えるようになるため、利用者が爆発的に増えています。

方法はエムッチャ公式を会員登録して、ページ内の決済項目からライブチャットのサービス名を選択するだけです。とても使いやすいため、スマホやタブレットを使っている方は検討の余地があります。

各サービスのレートに注意

多くのライブチャットではポイント制を導入していますが、かならずしも「1pt=1円」とはかぎらないことに注意しましょう。場所によっては「1pt=10円」というところもあり、「格安だと思ったらレートが違うだけだった」という勘違いも起こり得ます。

ジュエルでは「1pt=1円」を導入しています。他のサービスについては、かならず公式サイトをチェックしてください。

使えば使うほどお得になるライブチャット

ポイントは基本的に会員登録時に貰うか買うかで入手します。しかし、それ以外にも獲得する方法がいくつかあります。

多いものが、「レビューを書くと貰える」というもの。女性について「こういうところが良かった」と感想を述べるだけです。

そしてもう1つがマイレージ。ログインしたり、サイト内の各機能を使ったりしていく内にマイレージが貯まり、一定のレートでポイントに換えてもらえます。

無料PR動画と再放送動画を見て女の子を選ぼう!

気に入った人を見付けたら、無料PR動画や再放送動画を見るのも良いでしょう。前者は女性が自分をアピールするために公開しているもので、後者は過去のライブチャットのやり取りを実際に見られるものです。

男性としてはプロフィールや写真だけで相手を選びたくはないはず。実際のプレイの内容や乱れる様子なども気になるところです。それらをチェックするためにも、上記のような動画は重要です。そうでなくても、単にエロ動画としても楽しめるでしょう。

有料のライブチャットでも、ほとんどの場合は登録が無料です。それだけでなく、各機能を試すためのポイントがプレゼントされます。「お金が掛かるから」と言って敬遠するのではなく、まずは気軽に入会して試してみましょう。

支払いはクレジットカードだけでなくエムッチャにも対応していますし、ポイントを無駄遣いしないようPR動画を配信していることもあります。手軽に女性とエッチな通話を楽しめると考えれば、けっして「高過ぎる」ということはないでしょう。

関連した記事を読む